その場に合わせた景品

忘年会を盛り上げるために

景品に喜ばれる物

いつから用意するといい?

職場の忘年会などで、ビンゴで遊ぶことが恒例でしたら、
ビンゴ景品はいつから用意するかというよりも、普段から
その気になって集めるという方がいいでしょう。

確かに、忘年会など職場の顔なじみが集まる会合では、
日常会話の延長線上いうこともあって、特別に変わったことはないこともあるので、
ビンゴ景品などで会合を盛り上げる工夫も必要です。

気に入る

少なくとも、番号を読み上げている間は、みんながそちらに集中しており
共通話題となるわけですから、とても効果的な演出になります。

受け取る

となれば、夏のお中元などでいただいたものまで忘年会に持ち込みのは
さすがに月日が経ちすぎているので、白けがちになりますが、秋口からなら
お客様やお取引先からいただいたもので、ある程度の日数が経過しても支障がない品物は
忘年会の景品にしようと、周囲にそれとなくPRしながら貯めておくのが
効果的というものです。

恒例化してくれば、今年は自分がとか、今年こそ自分がということとなって、
またあの品物が当たればいいなというような期待感が座を盛り上げること間違いないからです。


また、日頃からそういった準備をすることが難しい場合は、
景品専門のサイトを活用することもお勧めです。
食品やテーマパークのチケットなど、豊富な種類の景品を
まとめて取り寄せることができるため、探す時間や労力が省けます。
景品としてよく選ばれるものから面白グッズなど多彩な品揃えに
なっていますので、見ているだけでも楽しいかもしれません。

宝くじ    いつから   予算    はずれ   生活家電 

アップル製品   ペアチケット   オーディオ機器   商品券    ペアチケット